NO IMAGE

東京オリンピックロードレースの日程と開催場所は?他自転車競技についても

まだまだ先だと思われていた東京オリンピックもついに1年を切りました。

2019年7月21日(日)には、ロードレースのテストイベントが開催され、世界から選ばれた100人の選手が本番で使われるコースを試走、早くも盛り上がり始めてますよ、ロードレース!

公道を利用するオリンピック競技は、このロードレースとマラソン・競歩だけです。

公道を使うということは・・・

そうです、チケットがなくても世界のトップクラスの選手が繰り広げるロードレースを目にすることが出来るではないですか!

ここでは、そんなお得感たっぷりの東京オリンピックでのロードレースの日程と開催場所、そしてこちらも楽しみ、トラック・BMX・マウンテンバイクといった他の自転車競技についてもご紹介します。

東京オリンピックロードレースの日程と開催場所

ロードレースは、武蔵野の森公園をスタートし、多くの自治体を通り抜け、富士スピードウェイにゴールするコースになっています。

そのため、各自治体も協力を惜しみません。

以下にご紹介するのは、相模原市と山梨県が作成したプロモーションビデオです。

ロードレースの迫力、楽しさを味わってみて下さい。

■紹介ビデオ(相模原バージョン)

■紹介ビデオ(山梨県バージョン)11

ロードレースって凄いでしょ!

では、前置きはこの辺にして、早速東京オリンピックのロードレースの日程と開催場所についてご紹介しますね。

それと共に、また違う魅力たっぷりのタイムトライアルや他の自転車競技についても触れていきますのでお楽しみに!

ロードレースの日程と会場について

世界中が熱狂するツール・ド・フランスでもお馴染みのロードレース。

この競技こそあらゆる自転車競技の最高峰と言ってもいいでしょう。

もちろん、ツール・ド・フランスの優勝選手や世界中の多くの有力選手がこの競技で金メダルを狙っているのです。

男子ロードレース
日時:7月25日(土) 11:00 – 18:15
会場:武蔵野の森公園~富士スピードウェイ
距離:約244Km(スタート後10キロはパレード走行)
獲得標高:約4,865m

■男子ロードレースのコースマップ

■男子ロードレースのコースプロフィール

 

女子ロードレース
日時:7月26日(日) 13:00 – 17:35
会場:武蔵野の森公園~富士スピードウェイ
距離:約147Km(スタート後10キロはパレード走行)
獲得標高:約2,692m

■女子ロードレースのコースマップ

■女子ロードレースのコースプロフィール

タイムトライアルの日程と会場について

選手一人一人が速さを競うタイムトライアル!

ロードレースがチームの戦いだとするとこのタイムトライアルは、孤独な戦いです。

超人的な能力を持つ選手たちの限界を超えた速さを体感して下さい。

ロード男子個人タイムトライアル
日時:7月29日(水) 11:30 – 17:20
会場:富士スピードウェイ
距離:約44.2km(約22.1km×2周)
獲得標高:約846m

■ロード男子タイムトライアルのコースマップ

■ロード男子タイムトライアルのコースプロフィール

ロード女子個人タイムトライアル
日時:7月29日(水) 11:30 – 17:20
会場:富士スピードウェイ
距離:約22.1km(約22.1km×1周)
獲得標高:約423m

■ロード女子タイムトライアルのコースマップ

■ロード女子タイムトライアルのコースプロフィール

より詳しいコースや観戦場所についてはこちらの記事をご覧ください。

東京オリンピックロードレースのコースや観戦場所まとめ!チケットなしで楽しもう!

日本代表選手についてはこちらの記事をご覧ください。

東京オリンピック自転車(ロードレース)日本代表候補選手一覧!選考基準についても

他の自転車競技も応援に行こう!

自転車競技はロードレースやタイムトライアルだけではありません。

屋内の周回コースでスピードを競うトラック競技、過酷なコースやジャンプ台でテクニックを競うBMX競技、野山を駆け抜ける爽快なマウンテンバイク競技、それぞれ全く違う自転車を使って自転車の魅力を思う存分お楽しみ下さい。

トラックの日程と会場について

トラック競技は、スプリント・チームスプリント・ケイリン・チームパシュート・オムニウム・マディソンの6種目。

それぞれタイプの異なる競技ですが、素の迫力とスピードのとりこになること間違いなしです!

■会場案内

伊豆ベロドローム

トラック競技は全てこの伊豆ベロドロームで行われます。

一般開放されている競技用のコースや展示・体感施設があるサイクルスポーツセンターの隣に作られました。

場所は伊豆市。近くには修善寺温泉があります。観戦が終わった後は温泉でまったりなんてのも良いかもしれません。

大会時のアクセス情報
JR伊東線「伊東駅」下車シャトルバス乗車
伊豆箱根鉄道「修善寺駅」下車シャトルバス乗車
公共交通機関をご利用ください。
駅は追加・変更の可能性があります。
アクセシブルルートは「伊東駅」の利用を想定しています。
パーク&バスライド(車を大規模駐車場に駐車しシャトルバスに乗り換え会場に向かうシステム)を現在検討しています。
有明アーバンスポーツパーク

今回の東京オリンピックに向けて作られた有明アーバンスポーツパークでは、BMXの競技が行われます。

お台場の中心、東京ビッグサイトにも近く、都心からのアクセスも容易な場所にあります。

観戦後は、お台場見物も良し、ショッピングも良し、楽しみがいっぱい待っていますよ。

大会時のアクセス情報
東京臨海高速鉄道りんかい線「国際展示場駅」下車徒歩
東京臨海新交通臨海線ゆりかもめ「有明テニスの森駅」下車徒歩
公共交通機関をご利用ください。
駅から会場までの所要時間は現在検討しています。
駅は追加・変更の可能性があります。
「有明テニスの森駅」はもっぱらアクセシブルルートとして利用を想定しています。
伊豆MTBコース

全長2,500m・高低差85m、初級者から上級者まで利用でき、エリアが分かれているオフロードコース。

2019年3月4日(月)からオリンピック競技終了までは一般営業は休止していますが、その後は一般に開放されます。

料金は1時間620円(自転車持ち込みの場合は520円)と格安。身長120cm以上の方ならどなたでもご利用できます。

是非遊びに行って下さい。

大会時のアクセス情報
JR伊東線「伊東駅」下車シャトルバス乗車
伊豆箱根鉄道「修善寺駅」下車シャトルバス乗車
公共交通機関をご利用ください。
駅は追加・変更の可能性があります。
アクセシブルルートは「伊東駅」の利用を想定しています。
パーク&バスライド(車を大規模駐車場に駐車しシャトルバスに乗り換え会場に向かうシステム)を現在検討しています。

では、次に各自転車競技の日程と開催場所についてご紹介します。

スプリントの日程と会場について

古くは中野浩一さんが世界選手権で10連勝を飾った事もあるスプリント競技、2004年のアテネオリンピックでは男子チームスプリントで銀メダルを飾った種目でもあります。

●男子スプリント
日時:8月5日(水) 15:30 – 19:00
会場:伊豆ベロドローム

●女子スプリント
日時:8月7日(金) 15:30 – 19:15
会場: 伊豆ベロドローム

●男子チームスプリント
日時: 8月4日(火) 15:30 – 18:10
会場: 伊豆ベロドローム

●女子チームスプリント
日時:8月3日(月) 15:30 – 18:30
会場:伊豆ベロドローム

ケイリンの日程と会場について

2019年の世界選手権で銀メダルを獲得した新田祐大選手

日本の競輪から生まれたケイリン種目では、過去の世界選手権・オリンピックで日本選手が多くのメダルに輝いています。

2018年、2019年の世界選手権では、河端朋之新田祐大がそれぞれ銀メダルを獲得、今回のオリンピックでも日本期待の種目なんですよ。

●男子ケイリン第1ラウンド/敗者復活戦
日時:8月8日(土) 15:30 – 18:25
会場:伊豆ベロドローム

●男子ケイリン第2ラウンド、第3ラウンド、7-12位決定戦、決勝
日時:8月9日(日) 10:00 – 13:15
会場:伊豆ベロドローム

●女子ケイリン第1ラウンド/敗者復活戦
日時:8月5日(水) 15:30 – 19:00
会場:伊豆ベロドローム

●女子ケイリン第2ラウンド、第3ラウンド、7-12位決定戦、決勝
日時:8月6日(木) 15:30 – 18:50
会場:伊豆ベロドローム

チームパシュートの日程と会場について

2017-2018年シーズンのトラック・ワールドカップ第4戦では男子チームが銀メダル、第2戦と第4戦では女子チームが銅メダルに輝くなど、こちらも日本人のメダルが期待される競技です。

●男子チームパシュート予選
日時:8月3日(月) 15:30 – 18:30
会場:伊豆ベロドローム

●男子チームパシュート第1ラウンド
日時: 8月4日(火) 15:30 – 18:10
会場: 伊豆ベロドローム

●男子チームパシュート決勝
日時:8月5日(水) 15:30 – 19:00
会場:伊豆ベロドローム

●女子チームパシュート予選
日時:8月3日(月) 15:30 – 18:30
会場:伊豆ベロドローム

●女子チームパシュート第1ラウンド、決勝
日時: 8月4日(火) 15:30 – 18:10
会場: 伊豆ベロドローム

オムニウムの日程と会場について

日本人にはあまり馴染みのないこのオムニウムですが選手の総合力が問われる面白いレースなんですよ。

陸上の10種競技に似た競技と言えば分かりやすいのではないでしょうか。

1日に4つの異なる競技を行いその合計ポイントで順位が決まります。短距離から長距離の全てに優れていなければ勝利をつかめない難易度のレースです。

期待は窪木一茂選手。リオ・オリンピックでは14位に終わりましたが、東京オリンピックでは密かにメダルを狙っています。

●男子オムニウム
日時:8月6日(木) 15:30 – 18:50
会場:伊豆ベロドローム

●女子オムニウム
日時:8月9日(日) 10:00 – 13:15
会場:伊豆ベロドローム

マディソンの日程と会場について

二人一組のチームスポーツですが、常にレースに参加するのは一人。2人が交代しながら順位を争う競技です。

二人の連携と体力が勝敗の決め手。

上の動画を見ると分かると思いますが、トラックの本場ヨーロッパではもの凄い人気スポーツなんです。

2019年のアジア選手権トラック競技では、梶原悠未/古山稀絵ペアが金メダルを獲得。世界にどの程度通用するのか楽しみです。

●男子マディソン
日時:8月8日(土) 15:30 – 18:25
会場:伊豆ベロドローム

●女子マディソン
日時:8月7日(金) 15:30 – 19:15
会場: 伊豆ベロドローム

BMXフリースタイルパークシーディングの日程と会場について

自転車競技に遊びの要素をふんだんに盛り込んだのがこの競技!

とにかくそのテクニックの凄さに驚きます。そして楽しさでワクワクしてどおしなんですよ。

2017年の世界選手権で最年少で決勝進出、7位に輝いた中村輪夢(なかむらりむ)選手や2018年のワールドカップで優勝した大池水杜(おおいけみなと)選手などメダルを期待されている競技です。

●予選
日時:8月1日(土) 10:10 – 12:20
会場:有明アーバンスポーツパーク

●決勝
日時:8月2日(日) 10:10 – 12:45
会場:有明アーバンスポーツパーク

BMXレーシングの日程と会場について

BMXレーシングは「自転車の格闘技」とも言われる激しさ戦いを見せてくれる競技です。接触や転倒は当たり前。

スリリングなそのレースに思わず引き込まれる事でしょう。

●準々決勝
日時:7月30日(木) 10:00 – 12:00
会場:有明アーバンスポーツパーク

●準決勝、決勝
日時:7月31日(金) 10:00 – 12:20
会場:有明アーバンスポーツパーク

マウンテンバイクの日程と会場について

マウンテンバイクは、野山の未舗装路を走り抜けるレースです。

問われるのは段差や細かく曲がりくねった坂道を走るテクニック!

激しく順位が変わるワクワクもののレースなんです。

●マウンテンバイク男子クロスカントリー
日時:7月27日(月) 15:00 – 17:00
会場:伊豆MTBコース

●マウンテンバイク女子クロスカントリー
日時:7月28日(火) 15:00 – 17:00
会場:伊豆MTBコース

まとめ

如何でしたでしょうか?

ここではロードレース・タイムトライアル、そして他の自転車競技の日程と開催場所を中心にご紹介しました。

日本人のメダルが期待される競技もいっぱいあります。

是非、この記事を参考に東京オリンピックの自転車競技を御覧下さいね。

きっとワクワク、ハラハラ、ドキドキ、食事をするのを忘れるくらい引き込まれる事でしょう。